災害に限らず、家族の安否はきになるもの。きになるからこそ、家族なのでしょう。

家族の定義って?

災害を完璧に予見することは、できないのよね。 専門家の方も、研究を進めていけばいくほど、自然や地球の不思議に戸惑っているのではないでしょうか。 ならば、災害が起こるという前提で、日常の暮らしをしていくと、心理的な被害も少なくなるのではないでしょうか。

おすすめリンク

携帯トイレの正しい廃棄方法

あなたは正しく理解出来ていますか?携帯トイレを使用した際の正しい廃棄方法についてまとめています。

最悪の事態は避けたいと思うのは誰しも同じこと

家族にとっての最悪の事態とは、どのような状態でしょう。世帯主の収入が途絶えることでしょうか。それとも、胃の周りの雑用を一手にまかなってくれていた方の不幸でしょう。それとも、絶命してしまった家族のことでしょうか。同じ家族であっても、それぞれ、捉え方が違うのは、当然のこと。

博愛主義者ではないけれど、平和が一番

どんな時も、心穏やかに過ごせる時間と空間がある事が、平和だと思うのです。 地球上には、様々な人が暮らしていますが、心穏やかに暮らしている人は、半数以上いるのでしょうか。 紛争や内戦、そして難民問題など、私の手の届かないところで、いろんな問題があります。

災害は避けては通れないもの。

ここ最近、単身で暮らしている人も増えてはいるものの、年末や年始となると、家族団欒している風景を街中では、何することもありますよね。そもそも、家族というのは何でしょうか。シェアハウスで暮らしている方もいるよね。それは、家族では無いけれど、毎日、顔を合わせている人だと、自然と人情が芽生えていて当然でしょう。
災害で大変なとき、家族に連絡をして本人確認をするということがありますよね。そして身元保証人とかも家族が行いますよね。個人として社会活動する根源とでもいうのでしょうか。
しかしながら、最近の日本では、その家族という意識も薄れてきているので無いでしょうか。
そもそも、家族を大事にしましょうということを学校教育の道徳の時間で教えるとかいう話になってきているのですからね。それって、学校で、教わることなのかという疑問もありますがね。
要するに、生命を授かった元に何かの事態が発生した場合、元に戻すということなのかもしれないですね。
行き着くところ、行政の方が、何かの処理をする場合の許可を取るのが家族ですからね。身元不明の方が亡くなると役所などに張り出されているよね。官報と言うのでしょうか。そのようなことのないように家族との関係をとっておかなくてはならないということかもしれないですね。でも、どうしても、家族と関係を取りたくないと思う人もいるのは当然でもあるのよね。良いと思う人がいるのなら、その反対の意見もあって当然だからね。